記事のアーカイブ

ヘルシンキ滞在記録

2014年03月11日 01:04
ヘルシンキ研究生活始まりました。記録します。   3月10日(月)、晴れ。ヘルシンキ大学1日目。朝9時過ぎにエミリアのオフィスに到着。さっそく仕事にとりかかる。宇宙天気の新しい論文について独立に考えてきたことがだいたい同じだった素晴らしい。ボスのコスキネンさんのオフィスにエミリアと突撃し、滞在目的と最近の論文をまとめて報告。カタリーナと合流して大学のカフェテリアへ。サーモンのスープがおいしい。午後は、博士論文執筆中のアレックスとコロナ質量放出の変形ほかを議論し、投稿論文執筆中のカタリーナと2段階急始の仕組みを議論したところで時間切れ。マチルダのお迎え付き添い&カフェでケーキとカプチー

スウェーデン王立工科大学の滞在記録

2014年03月04日 16:11
ストックホルムに入りました。手短に記録します。   3月3日(月)、雪。午前中はUNISでコーヒー飲みながら若いポスドクのダニエルとステファンと談話。ケルビンヘルムホルツ専門家のトーマスには会えず。フレッドに送ってもらって午後2時過ぎにロングイヤービエン空港を出発。まだ体調が万全ではない。トロムソで一回降りて、オスロで乗り換えて、ストックホルムの空港について、バスに乗って、タクシーに乗って、やっとストックホルムのホテル(Mornington)に到着したのが夜の11時ごろ。   3月4日(火)、曇り。朝8時半、歩いて大学へ。公園を通り過ぎてキャンパスに入り、難なくアルベンラボ

ノルウェー滞在記録

2014年02月24日 08:08
ノルウェーに入りました。できるだけ、記録します。   2月23日(日)、曇り。移動日。朝からタクシーを呼び、高速バスでヒースロー空港へ。ロンドンからの飛行機は遅れ、オスロでの乗り継ぎが1時間を切っていて、ドタバタとよくわからないままトロムソに到着。雪はあるがサウサンプトンよりも暖かい?まだ日本人はみかけていない。空は厚い雲で覆われていてオーロラは見えない。   2月24日(月)、曇り。雨の予想。最高気温8度。これではロンドンと変わらない。Thon Hotel...

サウサンプトン大学の滞在記録

2014年02月18日 15:37
オーロラ研究調査旅行ということでサウサンプトン大学に滞在しています。できるだけ写真も入れながら、できるだけメモを残していきます。   2月16日(日)、大雪が一段落。早朝しゃりしゃり雪でブレーキかかりながらスーツケースと共に成田空港に移動。スカンジナビア航空は初めて。というか今回の訪問先はことごとく初めて。コペンハーゲンで乗り換えて、ロンドンに到着。高速バスで2時間かけてサウサンプトンへ。それからタクシーでホテル(大学の近くにあるハイフィールド・ハウス・ホテル)に着いたのがUT夜の11時ごろ。24時間を超える長い長い移動の一日だった。(ツイッターにメモが残っている。)  

オーロラ観測カメラ機材インストールまとめ

2014年02月07日 06:57
アラスカ観測から無事に帰国しました!今回の観測メンバーは、片岡、三好、尾崎、宮原、糸屋と、大学院1年生の砂川、橋本。約10日間ぶっ続けで駆けずり回ったカメラ器材インストールのトラブルなどを記録しておきます。カメラ器材はNikon D4+8mmF2.8を2台(通称:ピーアイ2と黒グフ)、Nikon D800E+16mmF2.8を5台(通称:ハウル)、Hamamatsu...

3Dオーロラ上映のプレスリリースまとめ

2013年12月23日 22:06
3Dオーロラ上映がプレスリリースされ、とても反響が大きかったので、一度まとめておきます。 この写真は、こちらの新聞記事で使われた、当日の上映風景です。場所はシンラドーム、右下でマイクを持っているのが私です。12月21日(土)にオーロラ講演会があることは、こちらの新聞記事で2日前に紹介されていました。科学技術館によるプレスリリース本文はこちらです。J-WAVEでも取り上げられたとか(*未確認)   経緯を記録しておきます。12月21日(土)は、今年で4年目となる全国オーロラ講演会の一環として、また科学ライブショー「ユニバース」でクリスマス恒例のオーロラ特別番組として、最先端のオーロラ

東京デザイナーズウィークでオーロラ上映のお知らせです。

2013年10月22日 11:06
今月末に明治神宮外苑で開催されるTOKYO DESIGNERS WEEK 2013のDOMEにおいて、この春から夏にかけて北極と南極で見られた太陽活動極大期のオーロラ映像を一気に上映します。音楽は、P.R.E.M(谷崎テトラ+RAI) ft. 岩崎園子さんです。 10月28日(月)~10月31日(木) 不定期 DOME SCENERY 2013 http://www.tdwa.com/tdw/special/event/dome.html 「Aurora 2013 Solar...

極端宇宙天気研究会まとめ

2013年10月05日 13:43
これまで年に一度のペースで開催してきた「極端宇宙天気研究会」も第3回となりまして、その様子をまとめておきます。京都大学の宇治キャンパスで9月30日と10月1日に開催、37名(学生11名)の参加でした。そして次回以降のことは、名古屋大学の塩田さんと桂華さんにおまかせしました。新風に期待します!     【専門家向けの短いまとめ】 ・第3回の発表資料はこちら。その他の研究会資料はこちら。 ・極端宇宙天気特集号への論文投稿はこちら。 ・キャリントンイベントの英語論文集はこちら。   研究会で一番多かった発表は観測史上最大のキャリントンイベント(磁気嵐の規模は推定値でD

オーロラ3Dデータ公開はじめました。

2013年09月26日 13:52
オーロラ3Dプロジェクトの全撮影期間165日を名古屋大学の大学院生しげまつさんが研究用にまとめてくれました。データ公開中です。アラスカ上空にオーロラが出ていた日時が特定できます。 http://polaris.nipr.ac.jp/~ryuho/keogram/ 細かいミスありますので、ときどき修正していく予定です。今後は、日々の全天周オーロラムービーも公開予定です。

オーロラ立体視の論文プレスリリースまとめ

2013年09月14日 23:50
オーロラ立体視の論文がヨーロッパ地球物理学会EGUからプレスリリースされまして国際的に広く紹介して頂きました。主要なリンクを以下にまとめておきます。   ・日本向けの公式プレスリリースがこちらです。 http://www.nipr.ac.jp/info/notice/20130906.html http://www.soken.ac.jp/news_all/3147.html 国内では日刊工業新聞に紹介して頂きました。 オーロラの3D映像を使いたい方は片岡まで直接問い合わせてください。   ・EGUの公式プレスリリースがこちらです。論文やオーロラ映像もこちらからダウンロード
アイテム: 21 - 30 / 51
<< 1 | 2 | 3 | 4 | 5 >>